実は落とし穴が!?学習塾講師が映像授業のデメリットとその解決法

今回は映像授業(学習動画)のデメリットを紹介します。今映像授業を活用しようと思っている皆さんの参考になれば幸いです。

デメリット

1すぐに飽きてしまう

映像授業は通常の授業と違い、双方的なやりとり(例えば、講師が質問をしてその受け答えをしたりなど)がなく、一方的な授業になるため、すぐに子どもたちに飽きが生じます。飽きてしまうと、勉強どころではなくなり、モチベーション低下にも繋がります。

2料金が高い

映像授業は料金がかかるところがほとんどです。最大手の学習動画サービスでも1980円はしますし、高校の映像授業になると、1教科で10万以上するのは当たり前です。映像授業は非常に便利な反面、やはり料金がかかってしまうというのは、家計にとってデメリットとなりそうです。
また、料金がかからない映像授業もありますが、料金がかからないところだと、手元にテキストがないので、受動的になってしまい、本当に理解したか分からなかったり、動画を検索したいときに検索できなかったり、自分の学習した時間がわからなかったりと、質の面で心配要素があるのは事実です。

3 個別のニーズの対応の難しさ

映像授業は一般的な教材として作成されることが多く、個々の学生の学習ニーズや進度に合わせたカスタマイズが難しい場合があります。そうすると、勉強が苦手な子どもに対しては、どこでつまづいたか分からなくなるため、分かる楽しさを十分に味わえずに、映像授業が意味がなかったケースもあります。

解決法

映像授業のデメリットは上記の通りで、だったら映像授業は活用しない方がいいの?と思う方も多いかと思います。

結論、映像授業は活用すべきです。

なぜかというとデメリットよりもメリットが大きいからです。
特に上記のデメリットの補える学習動画サービスとして「テントル」があります。この学習動画サービスはiドリルの姉妹サイトになり、安心な価格て質の高い教育をモットーにして作られているため、料金もかなり抑えて使用することができます。その映像授業「テントル」のメリットは以下の通りです。

1アニメーションがあるので視覚的に分かりやすい

映像授業のメリットとしてアニメーションをつけることができるため、視覚的なわかりやすさがあります。特に中学数学や中学理科、高校物理などの分野においてそのアニメーションの力が発揮されます。動きがあることで、飽きない授業にもつながり、子どもたちの知的好奇心をくすぐります。

2効果音等が流れるので飽きが生じにくい

テントルの映像授業には効果音がついています。効果音がついていることにより、リズムよく映像授業を見ることができるため、YouTubeを見るように学ぶことができるので、モチベーション向上にもつながります。

3超スモールステップなのでつまづきにくい

iドリルユーザーならわかっている人も多いかと思いますが、iドリルは超スモールステップで作られています。細かく段階を分けて教材を作成してあるので、勉強が苦手な子でもつまづきにくい教材設計になっています。また、超スモールステップのため、進む感覚を得ることができるため、モチベーション向上・モチベーション維持にもつながります。

4単元末テストがあるので、本当に理解しているかわかる

基礎テキストを終えた後、単元末テストがあります。※小学校算数・中学数学・中学英語のみ
単元末テストがあることで、本当にその単元を理解しているかどうか、親御さんや塾または家庭教師の先生は確認することができます。
その単元末テストで8割を超えたら、合格として、次の単元に進むようにすると、着実な力となります。

5 iドリルと連動しているので、iドリルユーザーは取り組みやすい

学習動画テントルはiドリルが映像授業になったコンテンツです。そのため、iドリルユーザーにとっては関連度100%なため、非常に取り組みやすく、使いやすくなっています。教材も購入することもできますが、そのままダウンロードして手元にテキストがある状態で映像授業を見ることができるため、深い理解にもつながります。

6 圧倒的な安さ

映像授業は料金がかかるのがデメリットになるが、テントルは通常1980円だが、今登録すれば、一生980円で利用することができるのも1つの魅力です。いつ値上げされるか分からないので、早めの登録をおすすめします。

7 ものすごい勢いで続々とアップデートされている

テントルは今続々と新たな教材をアップデートされているので、それも楽しみの1つです。今のお得なうちにお試しで登録してみる価値はありますよ。

 

実際の学習塾でも使われている映像授業なので、安心して使うことができるのもテントルの魅力です。また1週間お試しもついているので、気になる人はまずは1週間試すのもおすすめします。

  • コメント: 1

関連記事

  1. 試験の時間が足りない人へ

    試験の時間が足りない人へ

  2. ~ 勉強の名言(歴史上の人物)~

  3. やるなら今!本当にやりたいことの探し方・見つけ方4選。

  4. 予備校(学習塾)と家庭教師どちらがいいの?

  5. 受験生必見!効率のいい勉強計画の立て方【4ステップ】〜目標編〜

  6. 高校入試の作文の書き方

    高校入試の作文の書き方

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ無料問題集・教材サイト【iドリル】