復習のタイミング

おすすめ無料問題集・教材サイト【iidrill】“ width=

復習が大事とよく言われますが,では「いつすればいいの?」となったことはありませんか?

せっかく復習したのに覚えていない,解けなかったという経験はありませんか?

結局のところ忘れないようにすればよいのです!

 

今回は,その問題を解決するためにより効果的な「復習のタイミング」をご紹介します。

※以後,60分間の授業や学びのための復習のタイミングとします

 

復習のタイミングは合計回です!!!

 

POINT

① その日 or 次の日にする(1回目)

目安は30分くらいかけて,復習をすみずみまでします。本当に分からないところはないのか,覚えてないところはないのか確認してください。この1回目の復習をするかしないかで,後々の覚えている量や復習時間は大きく変わってきます。

 

② 1週間後にする(2回目)

目安は15分です。2回目になると,個人差はありますが,ある程度は覚えているはずです。2回目では,1回目と比較して忘れているところを徹底的に覚えなおします。そのことで,全体的な記憶が持続します。

 

③ 1か月後にする(3回目)

目安は5分です。3回目は最終チェックです。もし、ここで忘れているところがあれば,マーカーで線を引くなど,印をつけておきます。そして,テスト前でそこを見直してください。

 

※さらに夏休みなどの長期休暇も復習するタイミングとしてはオススメです

 

回数を重ねるごとに,復習する時間は短くなっていきます。60分の学びが結果としては5分で学べる力を身につけ,覚えたことになります。さらに,復習するときは,相手に説明するように声に出したり,実際に説明したりしても効果は絶大です。実践してみて,効果を実感してみてください!

 

 

 

おすすめ無料問題集・教材サイト【iidrill】“ width=

  • コメント: 0

関連記事

  1. 勉強で疲れたときのリフレッシュ方法

    勉強で疲れたときのリフレッシュ方法

  2. 小学生から英語を学んだ方がいい理由と、小学生の身につく英語の勉強法

  3. 塾講師が教える、学校では習わない勉強法4選

    塾講師が教える、学校では習わない勉強法4選

  4. 受験生必見!効率のいい勉強計画の立て方【4ステップ】〜目標編〜

  5. 勉強をする理由とは?-「勉強のやる気が出ない」のには原因がある。

  6. 教師・指導者・親の方必見!生徒・子どもがやる気を出す方法10パターン。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。