紅茶(マローブルー)で色の変化マジック!(自由研究)

紅茶マジック(自由研究)

おすすめ無料問題集・教材サイト【iidrill】“ width=

〈その他の自由研究〉

 


あなたは紅茶を飲んだことはありますか?

小学生はなかな紅茶を飲む機会はないと思いますが、大人の方は1度は飲んだ経験があると思います。

紅茶にレモンを入れると色が薄くなった経験はありませんか。

実はこれは紅茶には少し変わった特性があるのです!

そこで今回は、紅茶に関するおもしろい自由研究を紹介します。

自由研究に困っているそこのきみ!

是非チャレンジしてみてください!

1.準備物

マロウ茶、ポッカレモン(果汁10%)、炭酸水素ナトリウム、水、紙コップ

 

 

 

 

2.研究方法

(1)水にブルーマローを浸し、すぐに青色になるので、色がついたらブルーマローを取り出す。

(2)レモン果汁炭酸水素ナトリウムを入れて、液体の色の変化をみる。

 

 

※普通の紅茶よりもマローブルーという茶葉の方が色鮮やかに変化し、分かりやすいため、マローブルーを使用した。

※お湯で沸かさなくてもマローブルーはすぐに色がつきます!

※実験前と実験後で写真を撮っておくとまとめやすい!

※今回は行わなかったが、pH紙を使って、使った液体のpHを調べると酸・塩基がわかりなおよい。

 

 

 

3.研究の結果

 

 

まずは通常のマロウ茶の色は

 

こんな感じの薄い青色になる!

 

 

① マロウ茶にレモン汁を垂らすと

 

 

鮮やかなピンク色に変化した!

 

 

 

 

②マロウ茶に炭酸水素ナトリウムを加えると

 

 

 

濃い青色になった!

 

 

 

 

これらの結果を表に表すと以下の通りです!自由研究をまとめるときは、実験結果は表で表すとわかりやすい!

 

入れた液体

何もいれない

レモン汁

炭酸水素ナトリウム

写真

結果

うすい青色

ピンク色

濃い青色

 

 

実験前はうすい青色をしていたが、ポッカレモンを入れると鮮やかなピンク色になった。

また、炭酸水素ナトリウムを入れると、濃い青色になった。

 

 

 

 

4.原理

マローブルーを使った紅茶マジックの原理

 色の変化には酸性アルカリ性というのが関係していて、(中学生で習います)。ポッカレモンは酸性で、炭酸水素ナトリウムはアルカリ性である。である。なので、マローブルーという茶は酸性の液体を加えたときはピンク色になり、アルカリ性のものを加えたときは、濃い青色になる!逆にいうとマローブルーに何か液体を加えてピンク色になれば酸性、何も変化が起きなければ中性、濃い青色になればアルカリ性となり、指示薬としても使えそうですね!

 

 

 

おすすめ無料問題集・教材サイト【iidrill】“ width=

  • コメント: 0

関連記事

  1. メビウスの輪 自由研究

    不思議なメビウスの輪(自由研究)

  2. 自由研究にもできるぴょこぴょこカプセルづくり

    まるで生き物! ぴょこぴょこカプセルづくり

  3. 不思議なつかめる水!人工イクラづくり(自由研究)

    不思議なつかめる水!人工イクラづくり(自由研究)

  4. 手作りスーパーボールづくり(自由研究)

  5. 王道!スライムづくり!

    王道!スライムづくり!(自由研究)

  6. ミニチュアブーメランづくり(自由研究)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。