不思議なつかめる水!人工イクラづくり(自由研究)

不思議なつかめる水!人工イクラづくり(自由研究)

おすすめ無料問題集・教材サイト【iidrill】“ width=

〈その他の自由研究〉

 


 皆さんはつかめる水がつくれるのはご存知ですか?宇宙空間に水を持っていくと重力がないため、つぶれることがなく、丸い水になっているのは有名ですよね。宇宙飛行士の人がその丸い水を飲んでいる姿はよくみます。今回はその水を地球上でつくってみようという実験です!では、みてみましょう!

1.準備物

水、アルギン酸ナトリウム、乳酸カルシウム(塩化カルシウムでもOK)、しょうゆさし、スプーン

※今回は塩化カルシウムよるも安全性の高い乳酸カルシウムで実験を行った。
 
不思議なつかめる水!人工イクラづくり(自由研究)アルギン酸ナトリウム
不思議なつかめる水!人工イクラづくり(自由研究)乳酸カルシウム
不思議なつかめる水!人工イクラづくり(自由研究)しょうゆさし
不思議なつかめる水!人工イクラづくり(自由研究)スプーン
不思議なつかめる水!人工イクラづくり(自由研究)アルギン酸ナトリウム 材料
previous arrow
next arrow
Slider

 

 

アルギン酸ナトリウムとは?

 海藻などのねばねばやぬるぬるの正体で食物繊維の一つである。

乳酸カルシウムとは?

 ご飯やカレーなど食べ物に一緒に入れて食べることで、簡単にカルシウムが補給できる食品である。

 

2.研究方法と結果

1) 紙コップに半分の水+乳酸カルシウム小さじ大盛一杯入れる。これをA液とする。

不思議なつかめる水!人工イクラづくり(自由研究)A液あ

ポイント1

乳酸カルシウムは水に非常にとけやすい物質なので、溶けきれなくなるまで入れるのがポイント!

2)紙コップに半分の水+アルギン酸ナトリウムを小さじ半分いれる。

この水溶液に食紅(赤)を入れる。これをB液とする。

不思議なつかめる水!人工イクラづくり(自由研究)B液

ポイント2

アルギン酸ナトリウムは非常にとけづらいので、よく混ぜる。(

アルギン酸ナトリウムをあまり入れすぎると残るので注意)

ポイント3

混ぜても溶けないときはペットボトルなどに水とアルギン酸ナトリウムを入れて、振るとよい!

 

3B液をしょうゆさしで吸い、A液に一滴、一滴思いっきりいれる

ポイント4 

すぐに人工イクラが完成するので、思いっきり入れることがコツ!

ポイント5

A液をしょうゆさしで吸い、B液に入れてもすぐに固まらないため失敗する。

4)他の色でもやってみる!

    

 

3.なぜ人工イクラ(つかめる水が)できるのか?

 

不思議なつかめる水!人工イクラづくり(自由研究)原理

 乳酸カルシウム水溶液(A液)にアルギン酸ナトリウム水溶液(B液)を加えると、アルギン酸ナトリウム水溶液の表面にアルギン酸カルシウムという膜ができる。

つまり、アルギン酸ナトリウム水溶液のまわりにアルギンカルシウムという膜が張るため溶液どうしは混ざらず、球状の人工イクラができるのである。

 

 

おすすめ無料問題集・教材サイト【iidrill】“ width=

  • コメント: 0

関連記事

  1. 王道!スライムづくり!

    王道!スライムづくり!(自由研究)

  2. 自由研究にもできるぴょこぴょこカプセルづくり

    まるで生き物! ぴょこぴょこカプセルづくり

  3. 10円玉ピカピカ大作戦(自由研究)

    ピカピカ10円大作戦!(自由研究)

  4. ミニチュアブーメランづくり(自由研究)

  5. 紅茶マジック(自由研究)

    紅茶(マローブルー)で色の変化マジック!(自由研究)

  6. メビウスの輪 自由研究

    不思議なメビウスの輪(自由研究)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。