経営者や起業家に向いている人・向いていない人

経営者に向いている人・向いていない人

おすすめ無料問題集・教材サイト【iidrill】“ width=

1.数字に強い人

経営者に向いている人・向いていない人-数字に強い-

経営者や起業家に向いている人は、数字に強いです。

数字に強い人はすぐにお金の計算ができ、大まかな計算が瞬時にできるため、何か事業を起こそうとしたとき、どのくらい売り上げると黒字になるのか、どのくらい売り上げると、損益分岐点を越えるのか分かることができます。

これは経営者や起業する人にはかなりの強みであり、計算できることで、逆算して行動に移すことができます。

 

2.強い意志がある人

経営者に向いている人・向いていない人-強い意志-

経営者や起業家は強い意志があります。

世の中をこうしたいや、今の世の中に満足したいから自分がその世の中を変えるなどとても強い意志があるのが特徴です。

 

 

3.人のことを考えられる人

経営者に向いている人・向いていない人-人のことを考えられる-

経営者や起業家に向いている人は人のことを考えることができます。

人のことを考えられることで、世の中で改善できる点などを見つけて、起業したりするのですね。

 

 

4.努力する才能がある人

経営者に向いている人・向いていない人-努力する才能-

 アメリカで今後の活動に期待する経営者の一人として選ばれたイーロン・マスクはこう語っています。

 「経営者は1週間で100時間以上は働くべきだ。」

起業家や経営者は覚悟や強い信念があるからこそ、普通の一般人では考えられない量の仕事をするのですね。

また、経営者や起業した人は仕事がやらされている感覚ではなく、自らやりたいことをやっているので、そこまで働けるのかもしれませんね。

経営者や起業した人は努力する才能もあります。

 

イーロン・マスクについて

 

5.勉強熱心な人

経営者に向いている人・向いていない人-勉強熱心-

 経営者や起業家は、いつまでも勉強熱心です。

古きを大切にし、新しいものを常に生み出そうと、日常生活の中からでもヒントを得ようと貪欲に勉強しています。

そういった経営者が成功します。

 

 

6.感謝できる人

経営者に向いている人・向いていない人-感謝できる人-

 成功している経営者は決して威張っているのではなく、謙虚に人に感謝する気持ちが人一倍強いです。

自分だけの力で成功したとは思っていなく、周りのサポートがあったからこその成功だと思っています。

自分の力で成功したと思っている人はそのうち失敗するでしょう。

 

 

7.プラス思考な人

経営者に向いている人・向いていない人-プラス思考-

 経営者や起業家の人はプラス思考の人がとても多いです。

ここでいうプラス思考とは何か?楽観的という意味ではありません。

何か失敗や困難が訪れたときの考え方が一般の人と違います。

経営者や起業した人は、失敗や困難が訪れたとき、どうしたら解決するかをすぐに考え実行します。

そのプラス思考の姿勢が成功を呼び寄せるのですね。

 

 

8.収益につなげられる人

経営者に向いている人・向いていない人-収益につなげる-

経営者や起業家に向いている人は事業を収益につなげることが得意です。

逆に向いていない人は収益を得ることに罪悪感を感じ、収益につなげることができません。

経営者は、収益はつながったら、さらに質の高いことができたり、さらなる人の役に立つために何かできることを知っています。

だからこそ、収益を上げるのです。

 

 

9.創造力がある人

経営者に向いている人・向いていない人-創造力-

常に革新的なアイデアがないと生き残れない

経営者や起業家に向いている人は、創造力に優れています。

点と点をつなげることに非常にたけていて、これはAppleの創設者のスティーブジョブズも得意だったと言われています。

彼は大学のときに学んだ、文字を綺麗に書く講義を受けたことで、今のパソコンなどで見られる形の整った文字につなげたと言っています。

世の中の進化のスピードはとても速いです。

1年経てば流行るものが変わり、5年も経てば、車もスマートフォンも5年前と比べ遥かにスペックも上がります。

また10年も経てば、開発された町は随分と変わります。

常に革新的なアイデアがないと生き残れないことを知っているため、点と点を結び付けて、創造力を鍛えているのです。

 

スティーブジョブズ

 

 

10.お金に溺れない人

経営者に向いている人・向いていない人-お金に溺れない-

 経営者や起業家に向いている人はお金に溺れません。

経営や起業して成功した人は第一にお金を優先順位に置いていません。

なので、お金を稼いでも、目的がそこではないため、散財することはなく、自分の身の丈に合った生活をするのです。

普通の人は給料が入るとすぐに何か使ってしまいますよね?

そこに決定的な違いがあるようです。

お金が入ってきたら、自己投資に使える人は経営者や起業家に向いているでしょう。

 

 

11.お酒やギャンブル、異性に溺れない人

経営者に向いている人・向いていない人-ギャンブル-

 成功する経営者は酒やギャンブル、異性に溺れることはありません。

それよりも大切なことがあり、ギャンブルをするなら、自分の会社に投資する方に考えます。

理性をきちんと保ち、時間を大切にしているのですね。

 

 

12.コミュニケーション能力にたけている人

経営者に向いている人・向いていない人-コミュニケーション-

  成功する経営者や起業家はコミュニケーション能力にたけている人が多いです。

コミュニケーション能力にたけているとは、話すのが上手だけではありません。

聞き上手とも言えます。

自分の話をするだけでは、新しい情報が入らないということをわかっています。

相手から何か情報はないか自然と聞き上手になり、しかもそれを誠実に聞いている人が多いです。

おしゃべりばかりする人は、自分の話が好きな人で経営者や起業家には向いていないでしょう。

 

 

13.人を見極める能力のある人

経営者に向いている人・向いていない人-見極める-

経営者や起業家は人を見極める能力にたけてます。

彼らは、色々な人と会い、様々な交渉などを経験します。

人を見極める力がないと、たちまち会社の存続に関わることもあります。

だからこそ、一般の人よりも人を見極める力が養われます。

 

14.我慢強い人

経営者に向いている人・向いていない人-我慢強い-

経営者や起業家はとても我慢強い人たちが多いです。

自分の信念がある限り、少々の失敗ではへこたれません。

むしろ、失敗をかてに次はどうしたら成功するのかを考えていきます。

 

15.一喜一憂しない人

経営者に向いている人・向いていない人-一喜一憂-

経営者や起業家はあまり一喜一憂することはありません。

成功する経営者や起業家は長期の計画があるため、ちょっとしたことでは、一喜一憂しない傾向にあります。

大切なのは毎日の積み重ねだということを知っているのですね。

 

 

16先読みできる人

経営者に向いている人・向いていない人-先読み-

経営者や起業家は先読みができます。

世の中の進化するスピードはとても速いです。

そのスピードに乗り遅りてしまったとたん会社は窮地に追いやられることもしばしばあります。

だからこそ、先に予想をして、行動している経営者が多いです。

 

17.臨機応変に対応できる人

経営者に向いている人・向いていない人-臨機応変-

経営者や起業家は臨機応変に対応することができます。

何か問題などがあったときは、その場で一番ベストな選択ができる人が多いです。

そういった選択する場が一般の人たちよりも多くなるため、過去の経験をもとに臨機応変に対応できるのです。

 

18.人間力がある人

経営者に向いている人・向いていない人-人間力-

経営者や起業家はやはり人間力があります。

その人についていきたいと思えるような人、知識だけでなく、その振る舞いや言動でも人を惹きつけるものがある人が多いです。

最終的には仕事をするのだから、やはり誠実であったり、謙虚である人の方が信頼もありますよね。

そういった器の大きさが会社の大きさにも関係します。

 

19.計画性がある人

経営者に向いている人・向いていない人-計画力-

経営者や起業家は、計画性があります。

その計画も短期計画から長期計画があります。

まずは10年などの長期計画から作りその目標に向かって5年、3年、1年計画と落とし込んでいきます。

そして、半年、3か月、1ヶ月とさらに落とし込み、最後に1日にやるべきこととして計画を立てていきます。

成功している会社のほとんどは、こういった具合に逆算方式で計画を立てています。

最初の目標が肝心なところになりそうですね。

 

20.お金を大切さを知っている人

経営者に向いている人・向いていない人-お金の大切さ-

経営者や起業家はお金の大切さをわかっています。

自分で稼いだお金だからこそ、お金を大切に使う傾向にあるようです。

だからこそ、自分のためにならないものにはあまり使わず、自分にとってプラスになるもの、会社にとってプラスものにお金を使います。

 

21.誰かに教えてもらうことをいとわない人

経営者に向いている人・向いていない人-教えてもらう-

成功する経営者や起業家は誰かに教えてもらうことをいとわない人です。

一般人は誰かに教えてもらうことに遠慮しがちですが、成功をしたいと強く思っている人は、教えてもらうことで時間が短縮できたり、さらに次のステップにいけることを知っています。

また、教えてもらった人には感謝する心をきちんと持っています。

 

 

 

22.常にチャレンジし続ける人

経営者に向いている人・向いていない人-チャレンジ-

成功する経営者や起業家は常にチャレンジし続けています。

現状維持をすることが一番の敵ということを知っており、会社が生き残るためには、次々に新しいことにチャレンジしなければいけないことを知っています。

だからこそ、日常生活の中からでもヒントを得る姿勢でいます。

 

23.勇気がある人

経営者に向いている人・向いていない人-勇気-

経営者や起業家は勇気があります。

これは、経営者、起業家とそうでない人の決定的な違いで、起業するには相当な勇気が必要です。

自分にはできるのだろうか?

本当に成功するのだろうか?起業する人はそういったことを毎日毎日考えて、ついに起業します。

その勇気というものは、相当なものがあります。

 

24.自己投資ができる人

経営者に向いている人・向いていない人-自己投資-

経営者や起業家は、自己投資ができます。

給料などが入ったとき、普通の人だったら贅沢をして、旅行に言ったり、車を買ったり、服を買ったりすると思います。

しかし、成功する経営者や起業家は、そこに使うお金は二の次で、自己投資つまり、本や会社に必要なものに投資をしていき、会社を大きくしていきます。

 

25.大きなビジョンがある人

経営者に向いている人・向いていない人-大きなビジョン-

経営者や起業家は、大きなビジョンがあります。

そのビジョンも具体的な数値目標もあれば、本気で人のためになることを考えている人がいます。

その目標が大きければ大きいほど、成功の形も大きくなることでしょう。

 

 

26.自分の部下を信じている人

経営者に向いている人・向いていない人-信じる-

成功する経営者や起業家は、自分の部下を信頼しています。

自分の部下を信頼することで、仕事を任せることができます。

任せることができるので、一人だけの力だけでなく、全員の力で会社を成り立たせることができるので、会社自体も大きくなります。

 

27.自己管理が出来ている人

経営者に向いている人・向いていない人-自己管理-

経営者や起業家は自己管理がきちんとできています。

風邪をひくのは自分のせいであり、風邪をひいてしまうと、数日間仕事ができないため、無理に頑張って風邪をひくより、きちんと休んで、次の日もやる!

という生活を送っています。

自分の体を知っているので、どれくらい無理できるかがわかります。

 また、運動もやっている人が多いです。

大人になれば、運動する機会があまりなく、すぐに太ってしまいます。

成功する経営者は、将来のことを見越し、健康で丈夫な体でいたいと思っていますから、若いころから、運動も取り入れているのです。

 

28.自慢しない人

経営者に向いている人・向いていない人-自慢しない-

 成功する経営者や起業家は決して自慢しません。

人に自慢ばかりしている経営者や起業家の会社はそのうち評判が悪くなりつぶれます。

どんなに成功しても謙虚であり、それはなぜかというと、自分の目的がはっきりしているからです。

また、自慢しても何の得にもならないことを知っています。

人の自慢話ほど面白いくないものはありませんもんね。

 

29.人の陰口を言わない人

経営者に向いている人・向いていない人-陰口-

 成功する経営者や起業家は人の陰口を一切言いません。

陰口言っても何も変わらないことを知っているので、もし、相手に不満があるのならば、真摯にその人と向き合い、誠実にそのことを伝えます。

の方が確かに親切ですね。

 

30.世の中を良くしたいと本気で思っている人

経営者に向いている人・向いていない人-世の中-

 成功する経営者や起業家は世の中を良くしたいと本気で思っている人が多いです。

どんな小さなことでも構いません。世の中に不満があったり、変わったらいいと思うことを他人事ではなく、自分事ととらえることができ、それを収益化できる仕組みをつくり、本気で変えようと挑みます。

そういった経営者や起業家が成功します。

 

31.実行できる人

経営者に向いている人・向いていない人-実行-

経営者や起業家はある程度考え、動かないと分からないときは、即実行に移します。

普通の人たちだったら、考えてもわからないときはあきらめたり、行動に移さなかったりします。

そこが経営者や起業家の人たちとの違いです。

 

32.自分の意思を引き継いでくれる人がいる人

経営者に向いている人・向いていない人-受け継ぐ-

 成功する経営者は自分の意思を引き継いでくれる人が多数います。

本人が考えることを、部下や仲間が引き継いでくれることで、同じ目標に向かって進むことができます。

だから、会社も大きくなり発展していくのです。

 

 

33.誠実な人

経営者に向いている人・向いていない人-誠実-

 成功する経営者や起業家は人に誠実です。

人に誠実な人は相手からも信頼されます。そういった信頼の積み重ねで、人間関係は成り立ちます。

 

 

34.優しさだけでなく、厳しさも持っている人

経営者に向いている人・向いていない人-厳しさ-

成功する経営者や起業家は優しさの中にも厳しさを持ちます。

優しいだけがその人のためになるだけでなく、相手のことを思い、厳しいことを言ってこそ、相手のためになると分かっています。

常に優しくするのは簡単です。相

手に厳しく言うと、人間関係にまで及ぼすこともありますが、成功する経営者や起業家はアメとムチを上手に使いこなします。

 

35.人に任せられる人

経営者に向いている人・向いていない人-人に任せる-

 成功する経営者や起業家は人に仕事を任せることができます。

任せる仕事も相手ができそうな少し上のことを任せます。

そうすることで、任された人のスキルは上がり、会社全体でみると、かなり大きなメリットになります。

人に任せることができない人はいつまで経っても自分がいないと仕事は回りません。

人に任せる勇気を知った経営者は非常に強いでしょう。

 

36.自分を客観的に見ることができる

経営者に向いている人・向いていない人-客観的-

 成功する経営者や起業家は自分を客観的に見ることができます。

また、自分だけでなく、物事も客観的に見ることができるので、今何が必要なのか強化するポイントがわかります。

なので、顧客が何を必要としているかなど、すぐに見極めることができるため、仕事もできるのです。

 

 

37.仕事とプライベートが一緒

経営者に向いている人・向いていない人-プライベート-

 成功する経営者や起業家は仕事とプライベートの区別があまりないです。

常に会社のためにつなげようとアンテナを張っているので、何か起きたときそれをヒントにしようという貪欲さがあります。

これは自然にしていることで、その姿勢が成功へとつながります。

一般の人は仕事が終わり、休日にはリフレッシュしたいという人がほとんどですが、経営者や起業家はその感覚があまりなく、自然体で毎日を過ごしているため、ストレスもあまりかかりません。

 

38.過去にとらわれず、未来志向

経営者に向いている人・向いていない人-未来志向-

 成功する経営者や起業家は過去にとらわれることなく、未来志向の人たちが多いです。

過去のことばかり振り替える人がいますが過去のことを後悔しても何も変わりません。

未来を変えるには今の瞬間瞬間の行動を変える必要があります。

そのことを知っている経営者や起業家は常に過去を反省しながら、未来に向けての行動をしていくのです。

おすすめ無料問題集・教材サイト【iidrill】“ width=

  • コメント: 0

関連記事

  1. やるなら今!本当にやりたいことの探し方・見つけ方4選。

  2. ZOZOTOWN前沢友作さんが教える圧倒的に成功するコツ

    ZOZOTOWN前沢友作さんが教える圧倒的に成功するコツ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。