~擬音語と擬態語の違い~

擬音語実際になっている音をあらわす。

擬態語実際にはなっていないがその音がなっているかのようにあらわしている。

 

擬音語の例
犬がワンワンとなく。扉をドンドンとたたく。

 

擬態語の例
サラサラとペンでかく。星がキラキラとひかる。

 

 

確かに,犬は実際に出す音が「ワンワン」ときこえる。扉をたたけば実際に「ドンドン」となる。
しかし,ペンはいくら書いても「サラサラ」とは実際にはきこえない。星も光っていはいるが「キラキラ」とは音は出していない。

このように本当になっているか,なっていないかが見極めるポイントになります!
問題がでてもこの考え方をつかって,ひっかからないようにしましょう!

関連記事

  1. 3節 地方自治と私たち〜第3章 現代の民主政治と社会〜公民ワークシート

  2. 小学校1年生 国語 ワークシート・問題集・テスト「ねことねっこ(っ)」

  3. 小5算数ドリル 体積

    世界一分かりやすい算数 小5 「体積」

  4. 小学5年生算数ドリル

    5年生算数ドリル 小数と整数(かけ算)練習問題プリント

  5. 小学校5年生 国語 ワークシート・問題集・テスト「熟語の構成」

  6. 小3算数ドリル 2けたをかけるかけ算の筆算

    世界一分かりやすい算数 小3 「2けたをかけるかけ算の筆算」

  7. 小6算数ドリル円の面積

    世界一分かりやすい算数 小6 「円の面積」

  8. 生命のつながり(4)人のたんじょう

    小学校5年生 理科 問題集&ワークシート「生命のつながり(4)人のたんじょう」

  9. 高校入試問題理科

    高校入試対策問題集 中2理科(物理分野)電流とその利用